■□■ Perro Dogs Home スタッフ活動メモから ■□■

さまざまなご支援(3) 切り絵

ユニークなかたちのご支援を、ひとつ紹介させていただきます。
それは私たちにとっても、思いがけないものでした。

まず次のブログをご覧ください。
http://blogs.yahoo.co.jp/mjgdaaa/25280642.html

切り絵を販売して、材料費を除いた売上げをPerroにご寄付いただくという試みです。
「ガラス細工のような繊細さ」という形容がふさわしい、美しい切り絵作品の数々にため息がでます。
そうして、それを包む薄紙、手作りの封筒、同封された便箋に記載された言葉と……すみずみまで作者の丹念なまなざしが注がれていることに、ふたたび、ため息がでます。

ここにあるのは、ひとつの作品であると同時に、美しい心のあり方だと思います。
作者の方には深くお礼を申しあげます。
さらに、この作品を購入することによって、間接的にPerroをご支援くださった皆さまにもお礼を申しあげたいと思います。
ご寄付いただいた金額の多寡は問題ではありません。
世の中にこういうお心が存在するという事実が、なににも増して嬉しいのです。(C)
2010年06月21日(月) No.240

さまざまなご支援(2) BLUEのフード



Perro Dogs Homeの日常活動で目だって消費するものといえば、ペットシーツとフードです。
これだけは、いくらあっても十分すぎるということはありません。

最近、BLUE(ブルー)のフードを、輸入販売元の株式会社アルモさんから、大量にご提供いただきました。
2kg入りの袋にして、じつに150袋/300kgという量です。
しかも、それ以上に私たちが感じ入ったのは、担当者の方自らが車で届けてくださったことでした。
数ある保護団体のなかから、ご寄付の先としてわざわざPerroを選んでくださったことにも恐懼させられました。



どういうドッグフードがよいかについては、さまざまな観点から語られる諸説があり、そうした議論に深入りするつもりは私たちにはありません。
そもそも語るだけの知識を持ち合わせていません。

しかし、BLUEのフードについて、ひとつのことは申しあげておくべきでしょう。
BLUEのパッケージの右上に、誇らしげに、「NO Meat By-Products / Corn, Wheat or Soy / Artificial Preservatives, Colors or Flavors」と表示されています。
つまり「ミート副産物、とうもろこし、小麦、大豆、防腐剤、着色料、人工調味料は使用していません」と。
「ミート副産物」とはAAFCO(Association of American Feed Control Officials・アメリカ飼料検査官協会)の定義によれば、「精製されていない動物の組織のこと。肺、脾臓、腎臓、脳、肝臓、血液、骨、胃腸(含有物は除く)など」をさしています。
いうまでもなく、原材料が悪ければ、とうてい、いいフードにはなりえません。

センターから引きだした直後の犬たちは、環境の激変によるショックやストレスによって体調が落ちている子が大半です。
もともと飼い主に手をかけられていなかった栄養不良の子もいます。アレルギー性の炎症に苦しむ犬もあります。
そういう子たちにBLUEのような良質なフードを与えられることは、私たちの大きな喜びにほかなりません。(C)
2010年06月21日(月) No.239

さまざまなご支援(1) WAG STYLEさん



Perro Dogs Homeの活動は、さまざまな方々のさまざまなかたちのご支援のうえになりたっています。
ご支援の全部をご紹介することはとてもできませんが、そのいくつかをこれからご紹介させていただきたいと思います。

センターから保護した犬たちはほとんど例外なく被毛の状態がよくありません。
本来の姿をとりもどさせてあげるためには、私たちの力だけでは足りず、トリマーさんのお力を借りなければならないことが少なくありません。
新たにWAG STYLEさんが、私たちにお力を貸してくださるようになりました。
わざわざご連絡をくださり、ご協力の申し入れをいただきました。



WAG STYLEさんは、京王線・代田橋駅近くにあるトリミングサロンです。
詳しくはショップのホームページをご覧いただきたいと思いますが、技術的に非常に高く、素晴らしいセンスをお持ちで、それを惜しみなく保護犬に与えてくださいます。
その結果、洗いだされたように、その犬種がもつ美しさが姿をあらわします。



トリミング後に犬と再会するたびに、私たちは嬉しい驚きを味わうことになります。
たとえば、下の写真のミニチュア・シュナウザー(Perro募集番号176)の子ですが、長い「まつげ」が目の表情を引き立てているのをご覧いただけますでしょうか。



WAG STYLEさん以外にも、無償でご協力いただいてるトリマーさんがいらっしゃいます。
あわせてお礼を申しあげます。
今後のPerroの保護犬にご注目ください。
募集写真に見られる、犬たちの生き生きとした美しい姿は、多くの方のお力によって支えられていることを、ときどきでも思いだしていただければ幸いです。(C)
2010年06月21日(月) No.238

<<2010年06月>>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2010年06月21日(月)
さまざまなご支援(3..
2010年06月21日(月)
さまざまなご支援(2..
2010年06月21日(月)
さまざまなご支援(1..

記事検索

OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.10