■□■ Perro Dogs Home スタッフ活動メモから ■□■

お姫さまの嫁入り



193プードルのココが、新しいご家族のもとで暮らしはじめています。
名前は「フラン」に変わりました。

フランは、頭がよく、周囲をよく観察し、お姫さまのように誇り高く、頭を高く上げて胸を張って歩く子です。
ふだんは美しい外見を裏切らない上品な女子ですが、興奮してキレると思いがけずハシタナイ行動にでることがあり、そのギャップがなんとも楽しく感じられました。

新しい飼い主さんは、大きな犬の扱いにも馴れたベテランで、安心してフランをお任せできました。
先住犬に、センターから保護されたエアデール・テリアの男の子がいますが、これから思いきりフランの尻に敷かれるかもしれません。(C)


▲テツとの野蛮な遊びに興ずるお姫さまフラン。こんな一面もありました。
2010年06月07日(月) No.231

11か月後の幸せ!

141のラブ、テツが新しいご家族に迎え入れられました。
東京都のセンターから引きだして、じつに11か月が経っていました。



新しい飼い主さんが決まったことをセンターで報告すると、職員さんは顔をほころばせて、
「最初がたいへんな子ほど、いいところに行くんですよね」
た、たいへんな子だったのか、やっぱり。
「(譲渡まで長い時間がかかって)たいへんな子ほど、いいところに行くんですよね」

テツの心根の善良さはまったく疑いのないものです。
ですが、テツには「たいへん」がありました。
そのため、四六時中一緒にいてくださる、留守番が極小で(とくに飼育当初の3週間ほどは)、「濃密」な関係を保っていただけるご家庭からの応募をお待ちしていました。
お申込みがなかったわけではなく、11か月間のあいだに15件のお申し出をいただきました。
そのほとんどが飼育環境としてはまったく問題がなく、通常ならすぐにでも譲渡させていただくようなお申込みでした。
ですが、テツ自身の問題から、どうしても譲れない上記の条件があり、やむなくお断りさせていただいた経緯があります。
トライアルまで進んでいただいたご家族をはじめ、皆さんにはお詫びとお礼を申しあげたいと思います。
また、多くの方からご声援をいただいたことを、ここで感謝させていただきます。

テツは東京から離れた場所に移りましたが、暑苦しさ全開で、元気いっぱいに暮らしています。(C)
2010年06月07日(月) No.230

決まりました!



188ポメラニアンのポッキーが新しいご家族に迎え入れられました。
名前は「ぽんた」になりました。

センターから出てきたばかりのころは、まったく外の世界のことを知らないようでしたが、いまや誰にでもすぐに心をゆるす天真爛漫な明るい男の子です。
その活発さは、誰にもひけをとらないでしょう。

いろいろな世代の方がいるご家族のもとに行きましたが、「すぐになついてくれました」とさっそく本領発揮です。
これから幸せいっぱいに暮らしていくことでしょう(C)
2010年06月07日(月) No.229

ニューフェイスたち!

東京都動物愛護相談センター本所から、新顔を引きだしました。



1頭は、おそらくシー・ズーとジャック・ラッセル・テリアのMIXでないかと思われます。
一見すると考え深げな表情をしていますが、じつのところは、遊びのことしか考えていません。大活発でやんちゃ。イタズラっ子で、無邪気に転げまわって遊んでいます。
シー・ズーらしい人に対する親密さと、ジャック・ラッセルの強健な活動性をあわせ持った男の子のようです。



もう1頭はヨーキーの男の子です。
体にいくつもの傷があり、片方の耳たぶには型抜きされたように半円形の小さな穴が開けられていました。原因は不明ですが、虐待の可能性も否定できません。
しかし、仮に虐待を受けていたとしても、この子の人なつこさはまったく失われなかったようです。
もうメロメロの甘えっ子です。その生き生きとした表情は人の心をとらえずにはおきません。

2頭とも、ほどなく募集を開始する予定です。(C)
2010年06月07日(月) No.228

<<2010年06月>>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2010年06月07日(月)
お姫さまの嫁入り
2010年06月07日(月)
11か月後の幸せ!
2010年06月07日(月)
決まりました!
2010年06月07日(月)
ニューフェイスたち!

記事検索

OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.10